当事業所の特長

当事業所の特長

特長と取り組み

わたしたちは障害福祉サービス(福岡市指定)事業における、就労支援継続B型事業所「TOMOFUKU」と指定相談支援事業「ともふく相談」を2本の柱に運営しています。

そして、障がいのある方たちが社会参加しやすい「入り口」を活動の原点に設定しています。

重度の障がいで日中活動が難しい、集団活動が難しい、精神的な不安があるが就労を目標にしたい、自分に何が出来るのか分からない、といった不安を解消していくため「ともふく相談」は精神科病院やクリニック、特別支援学校や福祉事業所との福祉相談窓口の機能を重視し、「TOMOFUKU」は生活と就労両面のバックアップや医療と障害特性を見える化した個別のストレングスモデルを整備し、いち早い自立をめざしていきます。

レクリエーション

わたしたちは毎年、初夏の「創業祭」と冬の「忘年会」で事業所外の会場を使ってのレクリエーション活動をしています。

特に「創業祭」は旅館やホテルでの会席で行います。

参加者全員が正装(フォーマルファッション)し式典や冠婚葬祭での身だしなみや会食マナーを学び、経験から新しい発見をしていきます。

男性はワイシャツにネクタイ、女性はワンピーススタイル。当日の準備は大変ですが、みんなカッコ良く、美しい大人になって参加します。