事業内容

事業内容

就労支援継続B型事業所「TOMOFUKU」

一般企業への就労が困難な障がいのある方へ作業活動を通じて就労訓練をしています。

ここでの第一目標は、日中活動に参加する事(来ること)です。当事業所での主な作業内容は、カーオーディオの分解作業、チラシなどの折込封入作業、畑作業、レザークラフト製造作業などです。

また、施設外就労先として業務提携している企業での清掃・ブラッシュアップ(磨きあげ)作業がありますが、次のステップに行くための、自分の強み探しの場としています。

指定相談支援事業所「ともふく相談」

障がいのある人が自立した日常生活、社会生活を営むことができるよう本人の意向や悩みを伺い、福祉サービス利用に向けた「サービス等利用計画案」を作成します。

支給決定後は、利用するサービス事業所等との連絡調整、支援者会議等を開催し計画の検証(モニタリング)を行います。

また、精神科病院退院後の地域生活への移行・定着に向けた医療機関との連携、住宅入居等支援事業への架け橋、障害年金などの社会保障制度、成年後見制度等に関する相談も行っています。

支援計画の就労支援システム

障がいのある、人の意向や特性・適性を踏まえ、まずは規則正しい生活パターンをつくり上げます。

次に、挨拶・返事・仕事の認識、アドバイスや意見を受け入れる力を身に付け、さらにその場の状況に応じた表情のつくり方や声かけの仕方などを学習。

そして、自分の強みや弱みを認識してストレスをコントロールし、さまざまな状況下で業務に対応できる自己能力を追求していきます。

また、この支援システムは、障害のある・なしに関わらず、スタッフの育成にも用いています。